読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字書体をつむぐ

[制作ノート1]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

11 呉竹体(19世紀)

一般的にはゴシック体とよばれ、明朝体、安智(アンチック)体とともに、現代日本語書体における主要3書体としたい書体である。しかしながらゴシック体とは西洋からの外来語であり、漢字書体には不似合いに思われた。中国では、黒体としているようだがピンと来ない。そこで工夫して、分類名としては、呉竹体とすることを考えついた。

[GOTHIC]
欧字書体としてのゴシック(GOTHIC)は、『BOOK OF SPECIMENS』(平野活版製造所、1877年)にあらわれている。

f:id:typeKIDS_diary:20140426085339j:plain

[五號ゴチック形]
『座右之友』(東京築地活版製造所、1895年)に掲載された「五號ゴチック形」がある。欧字書体の名称からヒントを得て、隷書体江戸文字の看板文字などを参考にしながら、活字書体として熟成されていったのではないかと推測される。

f:id:typeKIDS_diary:20140426085421j:plain


図版:『座右之友』(東京築地活版製造所、1895年)