活字書体をつむぐ

Blog版『欣喜堂立志篇』/『欣喜堂而立篇』

[漢字]07 和様体

07-1 漢字書体「臨泉」のよりどころ

原資料:『御家千字文』(1814年 江戸書林) 御家流臨泉堂(生没年不詳)書による『御家千字文』(一八一四年 江戸書林)と趙子昂の『行書千字文』を比較してみると、一見しただけでまったく別のものであることがわかる。御家流のもっとも大きな特徴は、Sを…

07 和様体(日本独自の書写体)

平安中期に「ひらがな」が成立すると漢字もまた和様化がすすんだ。和様体とは中国(隋・唐)から伝来した真書(楷書)・行書・草書とはことなった日本固有の書体である。平安中期の藤原行成の子孫によって継承された書法の流派「世尊寺〔せそんじ〕流」、平…