活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

10-1『印刷活字総合見本帳』(ファン・ストリート活字鋳造所、1857年)

f:id:typeKIDS_diary:20150725103213j:plain

ロバート・ベズリによる「クラレンドン (Clarendon) 」は1845年にイギリスのファン・ストリート活字鋳造所でうまれました。その名称はオックスフォード大学の印刷所だったクラレンドン・プレス(大学の総長をつとめたクラレンドン伯爵を冠する)に由来するといわれています。

そこで『印刷活字総合見本帳』(ファン・ストリート活字鋳造所、1857年)所収の組み見本から抽出したキャラクターをベースに、日本語組み版に調和するように制作してみるつもりです。