読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字書体をつむぐ

[制作ノート1]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

(参考)現在のデジタルタイプから10

[欧字]10 スラブ・セリフ体

Clarendon
Hermann Eidenbenz,1953(Linotype)
「クラレンドン」は、1845年にデザインされたオリジナルをもとに、1953年に、エドアール・ホフマンのもとでヘルマン・アイデンベンツ(1902-1993)によって復刻されました。

f:id:typeKIDS_diary:20150926221321j:plain

Rockwell
Frank Hinman Pierpont,1934(Monotype)
「ロックウェル(Rockwell)」は、1934年にフランク・ヒンマン・ピアポント(1860-1937)によって設計されました。1930年代には、ルドルフ・ウォルフ(1895-1942)による「メンフィス(Memphis)」などのスラブ・セリフ書体がいくつか発売されていました。

f:id:typeKIDS_diary:20150926221414j:plain