活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

12-1『活字見本帳』(民友社活版製造所、1936年)

f:id:typeKIDS_diary:20141007192329j:plain

 

『活字見本帳』(民友社活版製造所、1936年)

民友社活版製造所は1901年(明治34年)に初代渡辺宗七によって東京・銀座で創業された。渡辺宗七が徳富蘇峰と親交があったことから、民友社出版部、印刷部とも業務提携をしていた。出版を中心としていた民友社がなくなったあとには、民友社活版製造所がその名称を継承することになった。

 この見本帳にあるゴシック体は字数が少ないうえに、それほど完成度が高くはない。粗削りではあるが、磨きあげることによって魅力的な書体になると思った。

 

活字書体「ますらおB」

f:id:typeKIDS_diary:20150712110055j:plain