活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

(参考)『活版見本』(東京築地活版製造所、1903年)

f:id:typeKIDS_diary:20141004103044j:plain

 『活版見本』(東京築地活版製造所、1903年)

東京築地活版製造所は1903年(明治36年)11月1日に、わが国の活字版印刷史上最大規模の438ページにもおよぶ見本帳を発行した。この見本帳の編輯兼発行者は第5代目社長の野村宗十郎(1857—1925)である。この見本帳に掲載された「五号二分ノ一ゴチック平假名」は、ゴシック体和字書体として見本帳に登場した最初期の書体であろう。

 

活字書体「はんくらもちB」

f:id:typeKIDS_diary:20150712105556j:plain