活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

11-2『活版総覧』(森川龍文堂活版製造所、1933年)

f:id:typeKIDS_diary:20141007191930j:plain

『活版総覧』(森川龍文堂活版製造所、1933年)

森川龍文堂は1902年(明治35年)1月、森川竹次郎によって大阪に創業された金属活字鋳造と印刷機器販売をおこなう会社であった。森川健市が第二代社長に就任して、昭和初期には『活版総覧』などの活字見本帳を積極的に作成している。この見本帖には、12ポイント活字が組み見本として掲載されている。

 

活字書体「くれたけB」

f:id:typeKIDS_diary:20150712105833j:plain