活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

1 隷書体/行書体/楷書体(碑刻と書写)

隷書体

漢は、中国古代の王朝である。前202年、高祖劉邦〔りゅうほう〕が建国した。長安を都とする西漢(前202—8)と洛陽を都とする東漢(25—220)とに分かれる。両者の間に、王莽〔おうもう〕が建国した新による中断がある。

隷書体という名称は、秦時代の公式書体である小篆に隷属する、日常通行書体という意味である。隷書の「隷」という字は、「捕まえる」という意味の文字と「繋ぐ」という意味の文字を合わせた会意文字で、「付く」とか「従う」という意味で用いられるようになった。

漢代には篆書が衰え、実用に便利な隷書が勢力をえた。隷書は秦代には補助的につかわれていたが、漢の公式書体となった。西漢では古隷と八分がともにつかわれたが、東漢では八分が発達して全盛期をむかえた。

古隷は、西漢の時代に多く見られ、今でいう篆書と隷書の中間の書体である。波磔が明確ではなく素朴だ。八分は、「八の字」のように左右にのびる特徴をもっている。現在の隷書体は八分から発展したものだ。章草は八分が省略されて草書が生まれる過程で、草書に八分のスタイルを残したものである。東漢の章帝が好んだことから章草と呼ばれるようになった。

書法芸術(書道)においては、「礼器碑」(156年)、「曹全碑」(185年)、「張遷碑」(186年)などが古くから高く評価されている。とりわけ「礼器碑」が第一とされ、書家・中村不折も「隷書八分の帝王である」との賛辞を贈っているほどである。

「熹平石経」は、西安碑林博物館の第3室には「嘉平石経」の「易経周易)」の残石が展示されている。ほかに京都の藤井斉成会有鄰館に「儀礼」の残石が、台湾の歴史博物館には「春秋公羊伝」の残石が展示されている。

行書体

行書は日常的な書写体として広く通用している。教育の場においても中学国語の書写分野で行書の毛筆・硬筆による書写が取り上げられている。

行書は隷書の走り書きからはじまった。草書に比べて厳格な書体、真書に対して柔軟な書体という感覚的な違いで大まかに分類される。行書は草書ほどではないにせよいくぶんはや書きであり、真書ほどではないにせよ明快に判読できる。日常的な書体とする意識が強い。

古代中国では公務文書や祭礼用の文書にもちいられるなど、文書としては広く流布しているそうだが、碑文となると多くはない。唐の皇帝・太宗が書いた「晋祠銘」が現在知られるもっともはやい行書の碑文だそうだ。

隷書体のスタンダードとしての『熹平石経』、真書体のスタンダードとしての『開成石経』に匹敵する行書体のスタンダードとは何かを考えたとき、なかなかそれを見いだすことは困難だった。

数少ない行書碑のひとつ懐仁の『集王聖教序碑』は、もともと王羲之(307−365)の行書とはいえ、集字・編集したとなれば、書法芸術というよりタイポグラフィの手法にちかいものだといえる。また『般若心経』という仏典のひとつが含まれていることは、たんなる頌徳碑ではないということができる。

王羲之東晋の書家で、「書聖」と称される。その書は、古今第一とされ、行書「蘭亭序」、草書「十七帖」などが知られている。歴代の多くの書家が王羲之の影響を受けている。

楷書体

楷書は、草書と同様に隷書から発展したものだが、草書が簡単で速く書けることを求めたのに対し、謹厳で荘重な書体として発達した。楷書は、公式的な文書で使われる書体である。

楷の木は桧に似たウルシ科の常緑高木である。中国の曲阜の孔子廟に子貢が自ら植えたといわれ、日本でも儒教と関連のある学校などに植えられている。枝が整然としていることから転じて、「正しい」とか「手本にする」という意味になったようだ。

640年に唐王朝・太宗の勅命によって、『五経正義』という科挙の試験用の国定教科書が完成した。その編集者は孔頴達(こうえいたつ 孔子の子孫)、書体の責任者は顔師古(顔真卿の祖先)であった。顔師古は字体の正・俗をさだめ書体の統一に努力した。

楷書の字体を決定づけたのが『干禄字書』である。中国では隋の時代に制定され行われた科挙(かきょ)という官吏登用のための資格試験があった。唐代には秀才・明経・進士など六科(りくか)があり、経書や詩文について試験をおこなった。官吏としての栄達にかかわるため、きびしい競争があり、弊害も大きかったといわれている。

顔師古の四世の孫である顔元孫(顔真卿の伯父)は、『五経正義』をもとにして『干禄字書』を完成して「楷書」の字体を正体・通体・俗体に分類した。唐代には秘書省という天子図書館があったが、そこにはおよそ100名の写字生が勤めており、おもに教科書や仏教経典の写本に従事していた。『五経正義』の字様は、顔真卿に受け継がれた。

一方で、弘文館という天子学問所には儒士や書士を招いて皇室の教育をおこなったが、そこには唐の時代を代表する書家であった虞世南欧陽詢が学士として出仕し、儒学経典の書体の主導権を握っていた。

書法芸術(書道)においては、虞世南書「孔子廟堂碑」(626年)、欧陽詢書「皇甫誕碑」(627—641)、禇遂良書「雁塔聖教序碑」(653年)などが古くから高く評価され、初唐三大家といわれている。

このうち、欧陽詢(557—641)は、中国、唐代初期の官僚であったが、能書家としても著名である。王羲之の書法を学び楷書の規範をつくった。人間的なにおいを殺して、ひたすら様式を追うタイプだったともいわれている。楷書が得意で、「皇甫誕碑」のほか、「九成宮醴泉銘」(632年)などがある。

中唐の顔真卿(709—785)は、中国・唐の政治家であるが、能書家としても著名である。情熱的で熱血漢だったようで、書も剛直な性格があふれる新風をひらいた。「多宝塔碑」(752年)、「顔氏家廟碑」(780年)などが代表作とされる。

晩唐の柳公権(778—865)は、中国の唐代の書家である。幼時より学問を好み、地方に転出することもなく、40年以上も中央政府で官職を与えられた。柳公権の代表作として、「玄秘塔碑」(841年)、「神策軍紀聖徳碑」(843年)などがある。

このような頌徳碑をさけて『開成石経』をとりあげることにしたのは、『開成石経』が唐の標準書体といえるもので、活字書体としての源流として位置づけたいという思いからである。