活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

[漢字]05 元朝体

5-1 『分類補註李太白詩』(1310年 勤有書堂)

『分類補註李太白詩』(1310年 勤有書堂) 『分類補註李太白詩』は趙子昂(1254−1322)の書風によるとされる脈絡を残した書体である。元時代の福建刊本の特徴がよくあらわれている。この勤有書堂の刊本字様が典型的な元朝体である。 この書物は、李白(701−7…

5 元朝体

元はモンゴル(蒙古)帝国第五代皇帝の忽必烈〔フビライ〕が1271年に建国した。首都は大都(現在の北京)である。のちに南宋を滅ぼして中国を統一し、高麗〔こうらい〕(朝鮮半島)・安南(ベトナム中部)・タイ・ビルマなどをも従えて大帝国を築いたが、136…