活字書体設計1

[活字書体をつむぐ]日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史に育まれた書体をまとめています。

2015-07-28から1日間の記事一覧

4-1 『ミラノ君主ヴィスコンティ家列伝』(1549)

ヴェネチアのアルダス・マヌティウス(1449−1515)の工房において、フランチェスコ・グリフォ(1450?−1518?)の手になる活字書体が誕生し、ビエトロ・ベンボ(1470−1547)の著作『デ・エトナ』(1495−1496)に使われました。さらにパリのクロード・ギャラモ…